2018年度受験生 全県模試偏差値平均推移

2019/03/04

先日進学先のご報告をさせていただきましたが、ご入塾を検討されている方向けに当塾がどのような取り組みを行っているかをご紹介する目的で2018年度受験生の全県模試での平均偏差値の推移を掲載したいと思います。

 

毎度のことながら見せられるような資料ではありませんが、実際にどういった取り組みとその結果が相関しているのかを見ていただくためのものでありますので笑ってご覧いただければと思います。

[2018年度受験生 神奈川全県模試平均偏差値の推移]

実施模試英語数学国語理科社会5科計
第0回46.640.546.242.146.143.5
第3回51.146.745.147.448.647.6
第4回48.745.749.449.141.746.5
第5回50.849.746.649.350.949.4
第6回50.849.355.348.554.651.8
第7回53.951.460.453.755.255.4

2018年度の取り組みとして、学校行事なども重なったことも原因の一つですが第1回第2回の模試は捨てました。模試は受ければ受けるほど良いのですが、実際の入試は中3内容全てを網羅した内容で出題されるので代わりに「全10回の5科目入試直前予想演習」を12月から1月にかけて塾内実施を行い入試ベースでの得点力に磨きをかけました。

 

また、2018年度は「極める神奈川」という神奈川県県立高校受験対策用の教材を導入し出題傾向に併せて徹底的に指導をしていきました。この教材をスタートしたのは後期中間テスト(11月中旬)以降でしたが、第6回(12月)、第7回(1月)と国語が飛躍的に上昇したことも成果の一つではないかと考えています。

 

理科社会については夏休みに中1~中2の復習を行うという毎年恒例のスタンスで臨んでいます。ちょうど第3回の模試が8月実施なので以降少しずつ成長することができたのではないかと考えています。

 

平均偏差値が11.9ポイントも上昇できたことは正直びっくりしましたが、2018年度メンバーがなにより素直に私の言うことを信じてついてきてくれたことが全てだと思っています。努力の成果はこのように形に表れるのだと改めて生徒たちに教えていただき感謝しています。

 

ご参考

2017年度受験生 全県模試偏差値平均推移
※2017年度は受験生1名のため掲載を見送らせていただきます。

2016年度受験生 全県模試偏差値平均推移

2015年度受験生 全県模試偏差値平均推移

 

平塚中等受験対策コース 特待生制度 小学ぜんけん模試 塾長コラム 求人情報 facebook